自社でHPを作成・更新できる! ホームページ作成ツール【ラクマス】 | 安心の「電話&メールでのサポート」、「SEO対策機能」付きです。

 

 
 
 
 
 

悩みを列挙して精読率アップ!【読ませるテク】

 

【復習】一瞬で切り捨てられるホームページ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「指先を動かすだけで、カンタンにあらゆる店舗を行き来できる。」
「店員の目も無いので、気軽に店を出入りできる。」

そんな2つの特徴を持ったホームページは、
“一瞬で切り捨てられる”宿命を背負っています。

まず最初の数秒で読むか読まないか判断され、
“読まない”と判断されれば情け容赦はありません。
閉じるボタンを押され即座に切り捨てられます。

ここまでの内容は、2008年9月3日の拙コラム
「一瞬で切り捨てられるホームページ【読ませるテク】」
でお届けした内容です。

まだお読みで無い方は、ぜひご一読ください。
⇒「一瞬で切り捨てられるホームページ【読ませるテク】」へ

一瞬で切り捨てられないためにも、
パッと見て目に入るホームページの冒頭部分は非常に重要です。

今回のコラムでは、
“ホームページの冒頭部分に関するテクニック”を一つお伝えします。

 

◆「悩み列挙」で引き込むテクニック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ホームページの冒頭部分に関するテクニックはいくつもありますが、

その中でも「気になる悩みを書き出す」というテクニックをお伝えします。

このテクニック、

やることはとっても単純です。

【ホームページの冒頭部分で、お客様が抱えている(であろう)悩みを列挙する】

これだけです。

自分が持つ悩みとまったく同じ悩みが書かれていれば、
そのホームページに親近感が沸きますし、

「もしかしたら悩みを解決する方法が書かれているかも!」
と期待して先を読みたくなるものです。

 

◆商品を売り込む人は嫌われ、悩みを聞く人は好かれる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
悩みを列挙する利点は、
ただ単に精読率が上がるというだけではありません。

ホームページを読ませる効果だけではなく、
「売上」「お問合せ」などの成果に直結しやすいという利点があるのです。

例えば、
同じ商品を扱っている2名の人物が居たとします。

Aさん.何も話を聞かずに一方的に売り込もうとする人
Bさん.悩みを聞いて、それを解決する提案をしてくれる人

どちらから商品を買うかといわれれば、
当然、Bさん、悩みを聞いてくれる人から買いますよね?

一方的な売り込みは誰だって煙たがりますが、

悩みを解決する提案としての商品説明であれば、
多くの人が歓迎して聞いてくれます。

ホームページの冒頭部分に悩みを列挙し、
その解決策として商品やサービスを提案する。

ホームページ版お手軽ソリューション営業の完成です。

 

◆まとめ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
悩みを解決したいのは誰でも一緒。
 冒頭部分に「悩みを列挙」して精読率アップを狙う!

悩みの列挙は、成果にも大きく反映しやすい。
 自社の商品で悩みを解決する提案をしてみよう。

 

 


ページ先頭へ

 

ラクマスは中小企業・個人事業主に最適なホームページ作成ツールです。ご自分で簡単にホームページの作成、更新が可能となります 15日間無料お試し登録

ご利用開始までの流れはコチラから お問合わせはコチラから

 

 
 
ホームページ作成方法