自社でHPを作成・更新できる! ホームページ作成ツール【ラクマス】 | 安心の「電話&メールでのサポート」、「SEO対策機能」付きです。

 

 
 
 
 
 

技術屋必見!あなたとお客の間にある壁。例え話が有効です。【読ませるテク】

 

◆売上0!反応無し!私の失敗談
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これは、私の失敗談です。

———————-

時は2007年1月1日。
私が今の事業をスタートさせたときの話です。

私の事業用ホームページは、悲惨なスタートを迎えました。

・一ヶ月以上のあいだ売上0円!
・反応も無く見込み客が集まらない!
・お問い合わせの多くが同業者ばかり!

「スタートと同時にバカ売れするぞ!」

そう信じていた私は、驚愕し、混乱し、途方にくれました。

「なぜだ?なぜ売れない!?何がいけなかったんだ!?
 うちの商品はこんなに優れていて価格だって安いのに!」

このとき私は、ある間違えを犯していたのです。

私はその間違えに気づくまで、
一ヶ月以上ものあいだ、悪あがきを続けることになります。

———————-

今回のコラムは、私が犯していた間違えの話です。

私と同じように一ヶ月も苦しむ必要はありません。
このコラムでサクッと覚えてくださいね。

 

◆私の間違え【同業者だけがわかる説明】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私の犯した間違えは、

「同業者だけがわかる説明をしていた」ことです。

私が作ったホームページでは、
私の商品の利点やメリットが、同業者にしか伝わっていなかったのです。

同業者からのお問合せばかりだったのが、何よりの証拠でした。

もちろん、私の商品の主要な顧客層は同業者ではありません。

要するに、

私のお客さんには、説明が一切伝わっていなかったのです。

お客さんに伝わらないのですから

当然、売上も0だし反応も無しという、悲惨な状態になるわけです。

これが、私の犯した間違えでした。

それだけ?

そう!それだけです。

説明する相手を間違えていた!っていうだけのことです。

なんだかカンタンな間違えで、

そんな間違え誰もおかしそうにないのですが、

実は、多くの方が気付かないうちに間違えてしまうのです。

 

◆プロの自覚!自分の知識は特種だと心得る
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

なぜ、気付かないうちに間違えてしまうのでしょう?

それは、「知識の差」が目隠ししてしまうからです。

あなたがパソコンをまったく触れなかったときのこと、
覚えていますか?

————
PCに強い人に教えてもらおうにも、
パソコン入門書を読もうにも、
言ってる意味がまったく解らない。

「ダブルクリック」
「スクロール」
「ドラッグ&ドロップ」
「コピー&ペースト」

普通に登場してくる専門用語に頭が混乱し、
理解することを阻みます。

『あぁー。もう何言ってるのかわかんねぇよ。』

しまいには、そんな愚痴もこぼれますよね。
————

では、パソコンを使える今の気持ちに戻ってください。

あなたがこのコラムを読んでいる時点で、
おそらくパソコンを使えるはずですね。

パソコンを使えるようになった今では

「ダブルクリック」「スクロール」
「ドラッグ&ドロップ」「コピー&ペースト」

こんな言葉、説明する必要もないくらい普通の単語になりましたよね?

知らない人にとっては「難しい専門用語」が

知っている人にとっては「普通の言葉」になるものです。

だから、パソコンを教える側は間違えを犯しやすい。
「ダブルクリック」など、知らない人にとって難しい専門用語を使ってしまう。

「知識の差」が目隠しになっているんですね。

この「知識の差」は、

当然あなたの事業にも潜んでいます。

あなたが「自分の事業」に選んだ分野なのですから、

あなたは誰よりもその分野に詳しいはずです。
(同業者はともかっく、少なくともお客さんよりは)

「自分の知識は特種なんだ!そのままじゃ伝わらない!」

と自覚するのが真のプロフェッショナルです。

 

◆”正確さ”より”解りやすさ”。例え話がオススメ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「自分の知識は特種なんだ!そのままじゃ伝わらない!」

と自覚できたら、

次は具体的に行動に移す番です。

ここでオススメしたいのが「例え話」です。

例として、
SNSをネット初心者に説明するのであれば、

“ソーシャルネットワーキングサービスなどの用語説明”、
“日記、コメント、コミュニティの使い方説明”、
“ブログなど類似サービスとの比較” などは

相手を混乱させるだけで意味を成さず、

“ネット上の異業種交流会”と例えれば「なるほど」と伝わります。

例え話というと、
「正確さ」が失われるからと使用を拒む人も多いのですが、

お客さんのためを思うのであれば、むしろ例え話を使うべきです。

正確な情報をお客さんに伝えたい!という心意気は素晴らしいですが、

いくら正確な話でも、その3分の1も伝わらなければ意味がありません。

「原文そのままで正確だが、理解しにくい英語版」

よりも

「違訳・超訳で原文からずれてしまうが、理解しやすい翻訳版」

の方が解りやすいし、嬉しいものです。

極論ですが、

プロから発信される正確な情報は、

英語と同じくらい理解が難しいものです。

 

◆まとめ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あなたとお客の間には「知識の差」という壁がある!

壁を壊すのは「例え話」
   正確さよりも解りやすさ重視を心がけて!

【編集後記っぽい一言】

IT系の技術雑誌、読んだことありますか?
専門用語、略字の羅列で、本当に異国語が書かれてるような感覚になりますよ!

読んだこと無い人は、怖いもの見た差でぜひ一度本屋さんで立ち読みしてください。

 


ページ先頭へ

 

ラクマスは中小企業・個人事業主に最適なホームページ作成ツールです。ご自分で簡単にホームページの作成、更新が可能となります 15日間無料お試し登録

ご利用開始までの流れはコチラから お問合わせはコチラから

 

 
 
ホームページ作成方法