自社でHPを作成・更新できる! ホームページ作成ツール【ラクマス】 | 安心の「電話&メールでのサポート」、「SEO対策機能」付きです。

 

 
 
 
 
 

騙されていませんか? 「検索上位なら儲かる」という嘘

 

■=今回の目次============================■
1.騙されていませんか? 「検索上位なら儲かる」という嘘
2.「検索で上位に来る⇒アクセスが増える」に隠された嘘
3.「アクセスが増える⇒購入者数が増える」に隠された嘘
【次回予告】ホームページの内容の良し悪しを判断できる方法とは?
====================================

 

■┐1.騙されていませんか? 「検索上位なら儲かる」という嘘
└┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「検索で上位に来れば、ホームページへのアクセス(来客数)が増えます。
だから、検索上位に来れば儲かるんです!」

ホームページに詳しい方は、一度は聞いたことがあるのではないですか?

1.検索で上位に来る
  ↓
2.アクセス(来客数)が増える
  ↓
3.購入者数が増える
  ↓
4.だから儲かる

という流れなので、一見本当そうに感じますよね。

でも実は、

半分本当ですが、半分嘘なんです。

よーく見ると隠れた嘘が見えてきます。

よーーく考えてみてください。


|1.検索で上位に来る
|  ↓
|2.アクセス(来客数)が増える

これは本当でしょうか?


|2.アクセス(来客数)が増える
|  ↓
|3.購入者数が増える

これも本当なんでしょうか?


よーーーく考えてください。

疑ってください。


ここに、嘘が隠されているんです。

 

 

答えは、次章以降で解説しています。


■┐2.「検索で上位に来る⇒アクセスが増える」に隠された嘘
└┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

|1.検索で上位に来る
|  ↓
|2.アクセス(来客数)が増える

この図式に隠された嘘、

なんだか解りましたか?

 


「いや、、、いったい何だかまったく解らないよ」

という方。

 


こんな風に考えてください。

1.大通りに店を出す
  ↓
2.たくさんのお客さんが来る


一見あっている気がしますが、

実は、ある思い込みを利用して嘘を隠しています。

 

 

 「大通り = 人がいっぱい通る」

という思い込みです。


大通りといえば、町のメインストリート。

たくさんの人が通っているというイメージがあります。

でも、
過疎化が進んだ田舎の大通りでも人はいっぱい通るでしょうか?

 


答えは、NOですよね。

 

その地域の他の通りに比べて人は多いかもしれませんが、

ほとんど住民がいない地域の大通りでは、やはり人通りはほとんどありません。


重要なのは、

「多くの人が通る大通りに店を出す」ことです。

 

◆人が通る大通りって、ホームページの検索で言うと何なの?

これをホームページの検索で考えてみると

「多くの人が通る大通りに店を出す」
           =「よく検索される単語で検索上位に来る」

と言えます。


例えば、

今話題(少し遅い?)の「Wii」で検索上位に来れば、
たくさんのアクセスが見込めます。

でも、「あぬもすねふよを」という、意味の無い言葉で検索上位に来ても、
そんな言葉を検索する人はいないので、アクセスは増えません。

 

上の例は極端ですが、

検索上位といっても、「何の言葉で上位に来るか?」が重要だということです。


◆隠された嘘

「検索上位に来る」だけではだめ

「検索される単語で検索上位に来る」と、アクセスが増える。

 


■┐3.「アクセスが増える⇒購入者数が増える」に隠された嘘
└┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実はこちらの方が重要です。

|2.アクセス(来客数)が増える
|  ↓
|3.購入者数が増える

この図式に隠された嘘、わかりましたか?


◆1:検索の単語が悪いと購入につながらない

来客数が多くても、購入につながらない場合があります。


例えば、

「"今日はパスタを食べよう"と思っている人は、
     白いごはんが売りの食堂には入りません。」

「"Wiiのゲームソフト"と買いに来た人は、
     おもいつきで聖書を買うことはありません。」

こんなことは、当たり前に解りますよね。

 

これ、ホームページでも同じです。


「パスタ」を探してホームページを見ていた人が、
白いごはんが売りの食堂のホームページを見て、その店に来ることはありません。


「Wiiスポーツ(ゲームソフトの名前)」を探している人が、
聖書の購入ページを見ても、注文したりしません。


当たり前ですよね。

 

「検索したキーワード(言葉)」と

「ホームページの内容」は、一致していなければいけません。


ホームページと一致していない単語の検索でアクセスを集めても、
売上は上がらないということです。

 

上記の例は極端な例ですが、

"類た単語同士"でも売上につながる場合とつながらない場合があります。

 


例えば、私たちのようなホームページ作成業者の場合、

「ホームページ作成」で検索した人は売り上げにつながりますが
「ホームページの作り方」はほとんど売り上げにつながりません。

「ホームページの作り方」で検索する人は、
ホームページの作り方を勉強するために検索しているからでしょう。

 

このように、細かな違いでも売上につながらない場合があります。

検索上位を目指すときは、

【何の単語で上位を目指すか?】

きちんと考えなければいけません。

 

◆2:ホームページの内容が悪いと、いくらお客さんが来ても売れない

2つ目の嘘は、

ホームページの質を考慮していないことです。

 

「人気のキーワードで検索上位表示」
「たくさんの人がアクセス」
「検索キーワードとホームページの内容もバッチリ一致」

していても、ホームページの内容が悪いとまったく売れません。

 

ホームページの内容とは、
・ホームページに書かれている文章
・文章の順序やページ分けなどの構成
・ホームページに載っている写真や画像

などの内容です。

これが悪いと、いくら人を集めてもまったく売れません。

 

実際の店に例えると、こうです。

「若者が集まる街"渋谷"の大通りに、若者向けの洋服屋が出来ました。
 開店以来、たくさん人が入っています。
 でも、なぜかまったく売れていないそうなのです。

 なぜだろう?と思って覗いてみると

 【商品がぐちゃぐちゃに置いてある】
 【店の中が汚い】
 【「うちはフランクなんで」と店員が意味不明な説明をしてくる】
 【商品の値段がわかりづらい】
 【店員に詳細を聞いても「ちょっとわかんないです」と回答される】
 
 なんとも、中身が最悪なお店だったのです。」


こんなお店、売れなくて当然ですよね?


あなたのホームページは、こんな「売れなくて当然なお店」になっていませんか?

 


◆隠された嘘

アクセスが多くても売れません。

「自分のホームページがある程度売る力があることが前提で」
「自分のホームページに合致したキーワードで検索した人が来て」

初めて売上があがります。

 


■┐【まとめ】検索順位ばかりに惑わされないように
└┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「検索順位を上げたいんだ!」と、

検索順位を上げることが目的のように考えている人がいますが、

それは間違いです。

「きちんと検索されているキーワードで検索上位を目指す」
「キーワードとホームページの内容は一致しなければいけない」
「その前に、自分のホームページがある程度売る力を持っていなければいけない」

検索順位以外にもこの3つをきちんと考えておきましょう。


ページ先頭へ

 

ラクマスは中小企業・個人事業主に最適なホームページ作成ツールです。ご自分で簡単にホームページの作成、更新が可能となります 15日間無料お試し登録

ご利用開始までの流れはコチラから お問合わせはコチラから

 

 
 
ホームページ作成方法