自社でHPを作成・更新できる! ホームページ作成ツール【ラクマス】 | 安心の「電話&メールでのサポート」、「SEO対策機能」付きです。

 

 
 
 
 
 

「あなた」を使って反応率アップ【読ませるテク】

◆ホームページは1対多数の営業ツール
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
直接顔をつき合わせて行う対面営業は、1対1の接客方法です。

営業マン一人で、お客さん一人に対応します。

これにたいしてホームページは、1対多数の接客方法です。

ホームページの内容(文章や写真、表やグラフなど)が、

それを読んでいるお客さんに対して、接客を行います。

ホームページに載せる内容は、事前に準備しますので、

見に来たお客さんごとに対応をする必要はありません。

一つのホームページを作る手間で、

何人でも接客することができるのです。

例えば、
10人がホームページを見ていれば、1対10の接客方法になります。

ホームページへの来客数を増やせば、

1対1千人、1対1万人の接客だって可能なのです。

 

◆「1対多数」で良く使われる「みなさん」という二人称
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「1対多数」で接客ができるのは、ホームページの特徴です。

そういった面では、

ホームページは、「セミナー」や「講演会」などに似ています。


セミナーや講演会などで講師を勤める先生は、

その会場に集まった「たくさんの誰か」に対して話をします。

そのため、聞き手全員に話を振るときは「みなさん」という二人称を使います。

「みなさん、ご質問はありませんか?」
「みなさん、○○をご存知ですか?」
「みなさん、この問題について何か意見はありませんか?」

という具合に、聞き手は「みなさん」という二人称で呼ばれるのです。

二人称の「みなさん」は、

ホームページでもよく使われています。

ホームページを読んでいる人に話を振るときに、

「みなさん」という二人称を使うのです。

 

◆実は1対1のホームページ?読む側目線で考える。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ホームページを作る側からすれば、
たくさんの「誰か」に向けたメッセージを書くわけです。

そのため、
ホームページを作る側にとっては、
「みなさん」という二人称がしっくり来ます。

一見何の問題も無いようですが、

実は、ホームページで二人称を使うのであれば「あなた」の方が良いのです。

これは、ホームページを読む側の目線で考えると良く解ります。

Q:ホームページを読むとき、
  一人で見ていますか?たくさんの人と一緒に見ていますか?


一台のパソコンの前に何十人も集って、
みんなで一緒にホームページを見てるという人は、ほとんど居ないでしょう?

ほとんどの人が、一人でホームページを見ているはずです。

セミナーや講演会のように、

自分の周りに、たくさんの人達が居るわけではありません。

ホームページを読む側の目線で見ると、

ホームページは1対1になるわけです。

読む側の感覚からすれば、

「みなさん」より「あなた」がしっくり感じるものです。

「みなさん」では自分のことだとは感じることができませんが、

「あなた」と呼ばれれば、自分のことだと実感できます。


読み手に話を振るときには「あなた」を使いましょう。

例えばこんな売り文句ならば、

×「~でお困りのみなさんに、お得な情報をお知らせします。」

よりも、

○「~でお困りのあなたに、お得な情報をお知らせします。」

という方が、お客さんの心に届きやすいのです。

 

◆まとめ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「1対複数」は、こちらの目線。
  お客さん目線で見れば、ホームページは1対1。

読む側を示す二人称は単数形を使いましょう。
   「みんな」より「あなた」で反応率があがります。


 


ページ先頭へ

 

ラクマスは中小企業・個人事業主に最適なホームページ作成ツールです。ご自分で簡単にホームページの作成、更新が可能となります 15日間無料お試し登録

ご利用開始までの流れはコチラから お問合わせはコチラから

 

 
 
ホームページ作成方法