自社でHPを作成・更新できる! ホームページ作成ツール【ラクマス】 | 安心の「電話&メールでのサポート」、「SEO対策機能」付きです。

 

 
 
 
 
 

儲からない赤字ホームページ、黒字に変えるための最初の一手は


◆”儲からない”もいろいろある。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リーマンショックに端を発した不況も早1年が経ちますが。

まだまだ厳しい状況が続く会社はあるようで、
「売れない」「儲からない」という台詞をよく聞きます。

しかしこの「儲からない」というセリフが曲者です。

「儲からない」と一口に言っても様々なタイプがあり、
それぞれに打つべき打開策が異なるからです。

例えば、
ライバルとの値下げ競争で価格が下がり粗利が確保できないケースでは、
商品の原価を下げて粗利を確保するという対策が有効ですが、

値下げ競争どころかお客さんが誰も来ない状況であれば、
いくらコストを下げても儲けは生まれません。

また現実的な例で、
粗利はあるけど人件費などの諸経費を引くと利益が残らないケースならば
一人当たりの販売個数を増やすのが有効な道で、
これには「不要人員の整理」や「販売力強化」の2種類があります。

「不景気だから儲からない」

と、儲からない原因をきちんと考えず、
不景気だからという一般論で思考停止してしまっては、
それぞれに合わせた有効な対策など打てるはずもありません。

__
◆赤字ホームページもいろいろです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
まったく儲からない赤字のホームページにも、

いろいろなタイプがあり、やはりそれぞれで対策が異なります。

アクセス数のある(閲覧者が居る)ホームページで
一押しが足りずに成約が取れていないようなケースであれば、
「期間限定キャンペーン」を打ち出すなどの対策が有効ですが、

アクセス数の無いホームページであれば、
必死にキャンペーンを告知しても誰も見ていないのだから当然売上は上がりません。

また、いくらアクセス数があったとしても、
見に来る人達の求めている商品(サービス)がなければ売上につながらず、
「商品を変える」もしくは「集客方法を変更しお客さんを変える」のが打開策となります。

全てのケースでバツグンの効果を発揮する万能策があれば良いのですが、
「そんなに甘い話は無い」という鉄則はホームページでも有効です。

「儲からない」と一言で終わりにせず、その原因を考えるのが重要です。

__
◆真っ暗闇で歩き出す前に。黒字に変えるための最初の一手「現状把握」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
前述の例のように、
現在の状態によって有効な対策はまったく異なります。

現状を見ない行動は成功率が極端に低いのです。
足掻けば足掻くほど赤字の沼にはまります。

赤字を黒字に変えたいのであれば、
最初の一手は必ず「現状把握」から始めます。

「なんとかしなければ!」

と逸る気持ちは解りますが、
急ぐからこそ現状の把握が重要なのです。

現状を把握せずに行動するのは、
真っ暗闇で歩き出すような物です。

タンスの角に小指をぶつけて痛い思いをする前に、
しっかり現状を把握して足元をきちんと照らしてください。

★ラクマス利用者様へ
|現状の把握で困ったらいつもの窓口へご相談ください。
|現状把握のための具体的な仕掛け、行動をお伝えします。
|その後の打開策についてもお気軽にどうぞ。
|http://cms.racms.jp/hpsyukyakusoudan/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

__
◆まとめ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「赤字ホームページ」にもいろいろなタイプがあり、
それらのタイプごとに最適な対策が異なります。
闇雲に動いて痛い思いをする前にまずは現状把握が鉄則です。

__
◇あとがき
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
不景気、不景気と言いますが本当にそうでしょうか?

私は、今は「並景気」だと思っています。

確かに景気が良かった頃を基準にすれば不景気なのでしょうが、
時は流れ時代は移り変わるものです。

更に昨今は「ドッグイヤー」と言われ時勢の変化がめまぐるしい時代。
今の1年は昔の10年なんて言われます。

そこで、半年前を基準に考えることにします。
すると、半年前と今ではほとんど変わらないため「並景気」となります。

この考え方で行くと、
「不景気だから仕方ない」という言い訳が使えなくなり、
どうしても原因を考えるようになります。

原因を考えるから対策が見えてくるようになり、
対策をしたからこそ増収増益の道が開けます。

「不景気だ」と気落ちしても何も変わりません。
あなたも、よろしければご一緒に”並景気思考”始めませんか?

⇒「「諦めが肝心」と「根性無し」の違い、それは・・・」へ

メルマガバックナンバー09年へ戻る
 


ページ先頭へ

 

ラクマスは中小企業・個人事業主に最適なホームページ作成ツールです。ご自分で簡単にホームページの作成、更新が可能となります 15日間無料お試し登録

ご利用開始までの流れはコチラから お問合わせはコチラから

 

 
 
ホームページ作成方法