自社でHPを作成・更新できる! ホームページ作成ツール【ラクマス】 | 安心の「電話&メールでのサポート」、「SEO対策機能」付きです。

 

 
 
 
 
 

その失敗は誰のせい?履き違えが生み出す失敗ホームページ。


◆いけるはずの見当違い。よくある失敗は業者のせい?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
100万円を超える大金を叩いて自社ホームページを開設したA社の話です。

その当時からホームページ作成は激安の時代に突入しており、
安く作ろうと思えば10万、20万でホームページを作れる時代でした。

もちろんA社も激安ホームページを知っており、
大金を叩いたのは、それ以上に儲かるとの経営判断があったからです。

しかしフタを開けてみるとこれが大きな見当違い。

利益は年間1万円程度しか上がらず、
100万円の投資を回収するには100年以上かかる計算です。
時代の移り変わりを考えれば事実上回収不可能で、
100万円はほぼそのまま損出となりました。

大きな痛手を負ったA社は、
失敗の責任を追及し始めます。

失敗の戦犯者として、まっさきに矛先に上がったのが発注先の業者です。

自社の”ホームページ構想”に対して『出来る』と答えたから発注したのであり、
公言どおり出来なかったのは業者の責任だと結論付けます。

そして、「次はもっとイイ業者に発注する」ことで解決できると。

一見正しそうにも見えるこの結論ですが、
実はこれでは”大切なこと”が学べておりません。

これでは同じ失敗を繰り返すのは明白です。

失敗のたびに業者の責任とし”もっとイイ業者”を探す様が浮かびます。
たまたまラッキーで成功するまで延々と繰り返すことになるでしょう。

今日のコラムは、
そんな失敗の繰り返しにハマらないために、
“本当の失敗の元凶”を見ることで、正しい解決法をお伝えします。

___
◆180度視点を変えると見えてくる。「出来る」に込めた意味の違い。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「『出来る』と言ったのに出来なかったのだから業者のせい」

というのは、私たち発注する側の見解です。

ここで視点を180度変えて業者の立場になって考えてみましょう。

業者の仕事は「ホームページを作ること」です。

お客さんが考えた”ホームページ構想”のイメージに基づいて、
ホームページを形にするのが役目です。

業者が言う『出来る』とは”形にすることが出来る”という意味です。
「その構想が狙い通りに”成功出来る”」という意味は含まれておりません。

業者の視点からすれば、
ホームページがうまく行かないのは元々の構想が甘かったせいで、
構想を考え出したお客さんの責任となります。

業者の視点で見ると、まったく違う結論が見えてきましたね。

私たち頼む側からすると大きなギャップを感じます。

この両者の意見のギャップにこそ、本当の失敗の原因が潜んでいます。

___
◆意味の違いから生まれた責任空白地帯。うまく行かないのは当然。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私たち発注する側の意図としては、

『出来る』という言葉には「成功できる」という意味も込めており、

業者との打ち合わせで口にする
「これでいけますよね?」という確認は、
技術的に出来るかという質問ではなく、

自社の考えた構想が正しく成功できるかどうか確認したい
という気持ちが込められます。

しかし残念なことに、
業者がこの言葉の意味を正確に捉えてくれることはありません。

成功を意識した「出来ますか?」という問いかけに対して、
技術的にホームページを形に出来るかどうかで答えを返し、

構想の正しさを問う「これでいけますよね?」に対しては、
ホームページの動きの正しさだけをチェックします。

表面上は同じ「出来る」という言葉でも、
お互いが認識している言葉の意味には大きなズレがあります。

しかも、このやり取りをしている当の本人達は、
お互いの言葉のズレに気づけません。

発注する側は「あの業者は成功出来ると言っている」と思い込み、
業者側は「成功できるかどうかはお客さん次第」と当然のように思っています。

発注する側と受注する側、お互いがお互いに勘違いをしており、
「成功の責任は相手が取るもの」と思い込んでいる状態です。

相手に責任があると考えれば自分自身は責任を持とうとせず、
結果、誰も”成功の責任”を取らない状態が出来上がります。

誰も成功に対して真剣に取り組んでいない状態です。
これでは失敗して当然だと言えるでしょう。

本当の失敗の元凶はこのような「言葉の履き違え」にあり、
そこから生まれた責任空白が最大の失敗理由となります。

___
◆解決策は2つに1つ。オススメは、、、。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
どうすれば失敗を避けられるのか?

解決策は2つあります。

__
★1つ目は、時間を掛けて業者と認識をあわせること

何度も何度も業者と顔を合わせて認識をすり合わせ、
発注する予定の業者と完全に心を一つに通わせることです。

一つの言葉だけでは”意味の違い”ですれ違うことがあるため、
違った切り口から何度も何度も確認をします。

1日2日では難しくとも、1ヶ月も連続して顔を合わせれば
相手の考えがわかるようになります。

同じ認識に立った状態で、責任の所存を明確にしてください。
業者に責任を求めたいのなら、そのように伝えましょう。

ただし、業者に成功の責任を求める場合、
非常に高額になる上、永続的な成果報酬が必要です。

詳細な金額は業者との交渉次第となりますが、
長い目で見て10倍以上の費用を覚悟してください。

会社外部の業者側で責任を持つというのは非常に大変なことで、
そこまでの金額が取れなければ、業者側にメリットが無いためです。

__
★2つ目は、元から自社で責任を取ること

何度もすり合わせを行う時間的余裕も無く、
高額な費用を負担するつもりが無いのであれば、
元から自社内で責任を持ってください。

通常、こちらの方が有利です。
これは理想論ではなく現実論ベースで。

仮に、社外に責任を求めたとしても、
社外の人間を激しく叱咤することは難しく、
またスケジュール管理も困難です。

これが、現実的に大きな壁となり、
社外に責任を求めることを困難にします。

人間は怠惰で楽をしたい生き物です。
監視をして厳しく叱ってあげなければ本気では動かず、
責任を持たせるからにはその監視が必須です。

責任を社外の業者に任せたとしても、
その責任が全うされるかどうか監視する責任は自社に残ります。

ならば、
元から自社内で責任を取って動いたほうが楽だし効率的だと。

もちろん業者を使うなとは言いません。

必要に応じて自社で出来ない”作業だけ”を任せるのは理想的です。

___
◆まとめ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
業者の言う「出来ます」「行けます」に成功の意図は含まれない。

成功するかどうかの責任は自社内で取るべき。
社外の業者に責任を持たせるのは、現実的に大きな壁があり難しい。

 ⇒「「ブログで集客」が難しい理由。」へ

 


ページ先頭へ

 

ラクマスは中小企業・個人事業主に最適なホームページ作成ツールです。ご自分で簡単にホームページの作成、更新が可能となります 15日間無料お試し登録

ご利用開始までの流れはコチラから お問合わせはコチラから

 

 
 
ホームページ作成方法