自社でHPを作成・更新できる! ホームページ作成ツール【ラクマス】 | 安心の「電話&メールでのサポート」、「SEO対策機能」付きです。

 

 
 
 
 
 

ネタは現場に在り!会議室には眠っていない売上倍増のコンテンツ

 

◆くどいでようすが、
ホームページはコンテンツが命です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
前回のコラムに引き続き、

今回もまた
ホームページのコンテンツ(内容)に関するお話です。

ホームページにとってコンテンツは命です。

ホームページのデザインよりも
検索順位を上げる対策よりも

何にもまして重要です。

本当に大切なことなので、

くどい程に繰り返しお伝えしています。

◆コンテンツを生み出す会議室の風景
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「ホームページはコンテンツ(内容)が重要らしい。
しかも、独自性・オリジナリティーが無きゃダメなんだ。
それを踏まえて、うちのコンテンツどうしようか?」

ホームページのコンテンツを生み出そうと、
部屋にこもって話し合いを行います。

社内のキーパーソンを集めたり、
共同創業メンバーで話し合ったり、
社長一人っきりだったり、
大きなプロジェクターが完備された会議室だったり、
喫茶店の隅のテーブルだったり、
あるいは自宅の一室だったり

人数や場所はそれぞれ違いますが、

ホームページを作る前に必ず行うのが会議です。

このホームページ会議に臨むにあたって

一つ、気をつけてほしいことがあります。

それは、

事前にネタを準備しておくことです。

会議によってネタが掘り起こされる可能性は低く、
事前の準備が大切です。

ネタという材料をコンテンツに昇華させるのが、

ホームページ会議の役割とも言えます。

事前に「ネタ」を準備しておかないと、

ホームページ会議は長い議論の挙句に何も決められず、

「次回に備えてネタを集めよう」という確認だけで終わります。

貴重な時間の浪費になりますので、

ネタは事前準備を心がけてください。

「ネタ」の真意については、
このコラムを読み進めてください。

◆ネットに詳しい人に頼ってはいけない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ネタについて詳しく説明する前に、

もう一つ注意点を挙げておきます。

それは、

『ネットに詳しい人は想像以上にあてにならない』

ということです。

「コンテンツのネタ、どうしようかな~」

と悩んでいると、

ネットに詳しい=ホームページに詳しい人が

救いの女神に見えてきます。

ネットに詳しい人はそうでない人に比べて

やはり、ホームページの知識は豊富です。

しかしながら、多くの場合、

期待したほど有用な意見は貰えません。

もちろん、ネットに詳しい人批判ではなく、

ただ、知識の活用どころを間違えた だけのことです。

ネットに詳しい人の知識は、

コンテンツやネタを考える段階ではほとんど役に立ちません。

コンテンツが決まり、

それを具体的に形にしていく作りこみの段階になって

初めてネットに詳しい人の知識が活きてきます。

コンテンツやネタに悩んでいる段階で、

ネットに詳しい人にすがるのはお門違いです。

◆現場にあった!売上倍増コンテンツのネタ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「ネットに詳しい人に聞いて判らないのなら、
ネタはどこで探せばいいんだ?」

その答えは、

とっても身近にあります。

パソコンやネットの中ではなく、

リアルの世界 現場にあります。

特に、

お客様の声が直に聞こえる営業現場はネタの宝庫です。

化学薬品を製造販売する株式会社サンケンの遠藤社長は、

営業現場のネタでホームページ経由の売上が30倍になったと言います。
(元の売上が少なかったので、30倍は極例です。)

現場ネタを取り込む以前までは、

自社商品の利点を、科学的な視点からきっちり説明していました。
極端に言えば、研究施設の論文のようなイメージです。

しかし残念なことに、
ほとんど売上があがりませんでした。

ネットに詳しい人に頼み込み、

 大企業を真似てデザインを良くしても、
科学的な論拠を増やそうとも、
検索順位対策を施そうとも、

何をしても一向に売上は上がらなかったそうです。

そんな状況をカンタンに一変させたのが、

営業現場のネタです。

営業現場で日常的に聞いていたお客様の悩み

「変な洗浄剤を使うと手が焼けるように痛む」
「薬品が強すぎるとタイルが変色してクレームになる」
「弱すぎても汚れが落ちないし、調整が難しい」

こういった悩みをネタとし、

ホームページのコンテンツ(内容)として取り込んだのです。

たったそれだけのことで、

売上が30倍にもなったのです。

現場ネタは、

状況を一変させる破壊力があるのです。

まだホームページに現場ネタを取り込んでいない方であれば、

ホームページの売上が数十倍になるほどの効果も期待できます。

サンケンの遠藤社長のように。

◆まとめ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
議論を重ねてもネタは掘り出せない。
ネタは事前に準備して、効率の良い会議を。

ネットに詳しい人より営業マン。
売上倍増のネタは現場に眠っている。


⇒「参考のつもりが猿真似に」へ

メルマガバックナンバー09年へ戻る 


ページ先頭へ

 

ラクマスは中小企業・個人事業主に最適なホームページ作成ツールです。ご自分で簡単にホームページの作成、更新が可能となります 15日間無料お試し登録

ご利用開始までの流れはコチラから お問合わせはコチラから

 

 
 
ホームページ作成方法