自社でHPを作成・更新できる! ホームページ作成ツール【ラクマス】 | 安心の「電話&メールでのサポート」、「SEO対策機能」付きです。

 

 
 
 
 
 

参考のつもりが猿真似に。そのホームページが売れない理由。

 

◆よくある風景「何を書く?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「ホームページはコンテンツ(内容)が重要って言うよね。
でも、具体的に何を書けばいいんですかね?」

今のご時世、事業を起こすにはホームページが必要。

それじゃあホームページを作ろう、と

具体的に考えた瞬間に直面する問題です。

この問題は、ホームページを作った誰しもが経験しています。

ホームページ作成現場でよくある風景です。

「うちの場合、何を書けばいいんだろうか?」

◆「参考」に潜む甘い誘惑
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「とりあえずあの会社を参考にしよう」

ホームページに載せるコンテンツを考えた結果、

多くの人がこの結論に至ります。

私の元へ相談に駆け込んできた人の中で言えば、

おおよそ9割の方がこの結論に達します。

もちろん、
ライバルである他社を知ることは重要であり、
他社を「参考」にすることは欠かせません。

私に相談を持ちかけた人の例で言えば、
他社を参考にしようとしない残り1割の方は、

まったくの新規事業で参考になる他社が居ないか、
ホームページを真剣に考えていないか、

この2つのどちらかです。

真剣にホームページのことを考えるのなら、

他社を参考にするべきなのですが、

ここで一つだけ気をつけて欲しいことがあります。

それは、

「参考」のつもりがいつの間にか「猿真似」に
変わってしまうことです。

◆違うのは売り方。「参考」が「猿真似」になる瞬間
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
“参考”にするときに重要なポイントは、

「どうやってお客さんに商品を売り込んでいるか?」
という、ホームページの裏にある狙いを理解することです。

この狙いを理解せずに、

コンテンツだけを真似すると失敗します。

例えば、
業界大手のホームページを真似する例です。

大手のホームページを見ると、
デザインも良く、製品の性能説明も細かく書かれています。

「これはいい!」と、

デザインや製品説明の書き方をそのまま真似しました。

実はこれ、
もうすでに失敗しています。

なぜでしょうか?

そう、

どうやって売り込んでいるか
その裏側の狙いを理解していないからです。

大手の売り方は、

「実績数が多い業界最大手である信頼を武器に
商品を売り込むこと」

だったり、

「ホームページはイメージアップだけが狙いで、
実際の売り込みは営業部隊がやっている」

だったりと、

私たちが目指すべき方向とは大きく異なります。

裏側の狙いが違うのであれば、

当然、ホームページのコンテンツも異なります。

これを理解しない「真似」はほぼ確実に失敗します。

◆参考はあくまで調査。コンテンツは自社独自
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
参考の目的は、あくまで調査です。

他社の売り方を見ることで、
お客さんの傾向を捉えることができ

他社の短所を理解することで
自社独自の長所が見えてきます。

こういった情報は、

自社ホームページのコンテンツの肥やしにしましょう。

けっきょくは、コンテンツは自社独自が理想です。

自社独自の売り込みをしたコンテンツは、

「差別化」という大きな武器になります。

◆まとめ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
猿真似ホームページはうまく行かない。
参考のつもりが猿真似にならないように注意。

差別化の第一歩、コンテンツは自社独自が理想。
他社ホームページの参考もほどほどに。

⇒「売れないのはホームページのせいじゃない?」へ

メルマガバックナンバー09年へ戻る


ページ先頭へ

 

ラクマスは中小企業・個人事業主に最適なホームページ作成ツールです。ご自分で簡単にホームページの作成、更新が可能となります 15日間無料お試し登録

ご利用開始までの流れはコチラから お問合わせはコチラから

 

 
 
ホームページ作成方法