自社でHPを作成・更新できる! ホームページ作成ツール【ラクマス】 | 安心の「電話&メールでのサポート」、「SEO対策機能」付きです。

 

 
 
 
 
 

「無免許に運転を教わりたい?」 失敗事例から学ぶ自作のポイント。

 

◆自作ホームページで成功するには?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
前回のコラム

【「もうこれ以上できないよ(T_T)」失敗するホームページ】

で、小さな会社でありがちなホームページの失敗事例について触れました。

友人や知人、もしくは副業の業者にホームページを頼むと、

更新が滞り、ほとんどの場合ホームページは失敗に終わります。


対策は二通り。

1.「自分でやるか」
2.「本業でやっている業者に頼むか」

です。

それぞれ「必要なノウハウ」があり、

どちらを選ぶにしろ”楽して成功”はありません。

どちらの方法が良いのか?

と聞かれれば、

小さな会社であれば「自分でやる(自作)」をオススメします。

自分でやることで、
小さな会社特有の「小回りが効く」を最大限に発揮できますし、
何より維持費用が格段に安く済みます。

今回のコラムは、

「自分でやる」ために必要なノウハウについてお伝えします。


◆失敗事例から学ぶ、自作ホームページの要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「私は行政書士じゃありませんから、わかりません。」

お客さん(以下、Iさん)からの質問にこう答えたことがあります。


Iさんは行政書士として独立したばかりの方でした。

自作サービスを使ってホームページを自作したが、うまく集客できず、

本気で集客できるように改善したいからアドバイスを欲しいと言うのです。

それでは、と

こちらも本気でアドバイスしようと臨みました。

しかし、すぐに”違う”と気付きました。

売れない原因を把握しようとこちらから質問をしてみると

「どんなお客さんに売る(サービスを提供する)のかわからない」
「実績が乏しいので、わからないのは仕方ない」

と答えたのです。

終いには、
行政書士門外漢の私に『教えてください』と言うのです。

何が”違った”のかというと。

Iさんの”質問”が向けられるべき相手が違ったのです。

少なくとも、私に聞くべきことではなかった。

そこで、冒頭の言葉が私の口から発せられました。


◆無免許に運転を教わりたい? 専門外に聞く愚行
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私がIさんに言った言葉。

「私は行政書士じゃありませんから、わかりません。
業界人じゃない私に聞いても、何も得られませんよ。」

冷たい言葉のようですが、

精一杯の”本気での対応”でした。

私は”ホームページ”が専門分野であり、

“行政書士”については素人だからです。

そして、
お客さんは業界によって大きく異なりますから、
お客さんの知識は”業界ならでは”の知識です。

私に「行政書士に依頼するお客さんについて聞く」のは

「車に乗ったことが無い人に運転を教えてくれ」と言うのと同じです。

この手の質問をするのならば、

同業者の方、
もしくは実際に行政書士事務所のドアをノックしたお客さんに聞くべきです。


◆お客が見えなければ、全てうまく行かない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お客さんについて知るのは、

本気で独立するための最低限の条件だと思っています。

これが解らなければ、何もかも上手くいかないからです。

ホームページで集客できないのはもちろん、

足を使った飛び込み営業も、
ダイレクトメールも、
何もかもうまく行かないでしょう。

コネを使って紹介してもらったお客さんですら、
破談になってしまうこともあります。

お客さんが解らなければ、何を求められているのか解らない。

何を求められているのか解らなければ、何を提供するのかも解らない。

何を提供するのかわからなければ、けっきょく何も出来ない。

実際、

私も今の事業を始めた当初に失敗しています。

お客さんが解らなければ、本当に何をしていいのか解らなくなるんです。


当初の私のように甘い考えでなく、周到に準備して起業を企てている方、

もしくは、もうすでに自分の事業で着実に収益を上げている方なら

今更言われるまでも無くご存知だと思います。

 

◆「ホームページは専門家に」という間違い。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「ホームページは専門家に」という間違いをされる方が後を絶ちません。

本当に多いのです。

いや、、

正確に言えば、”間違い”ではなく”勘違い”です。

「ホームページは専門家に」という言葉自体は
「餅は餅屋」というように間違っていないのですが、

その”適用範囲”を勘違いしている方が多いのです。


ホームページ専門家が得意としている範囲のみ「餅は餅屋」の理論が通じ、

その他の部分は専門家に頼っていはいけないのです。

とっても当たり前のことですが、実際に頼むとなると、

「ホームページは全て任せた。よろしくやってくれ」

と丸投げする方が多いのです。

パソコン、ホームページ、IT。

慣れない言葉が「専門家じゃなきゃ無理だ」と錯覚させるのでしょう。

百戦錬磨の敏腕社長ですら間違えることがあるほどです。


また厄介なのが、

業者によって得意範囲がまったく異なるということです。

パソコンに向かって作業するだけの”職人肌”の業者から

長所の洗い出しから営業戦略立案まで面倒を見る”コンサル型”まで多種多様です。

当然、面倒を見てくれる範囲が広くなるほど値段は跳ね上がります。

値段も、範囲も千差万別。
「ホームページ関係の仕事」と一言ではくくれないのです。


私はというと、

「自作する人を支援する」専門家で、自作できる環境を提供しています。
HP作成代行を”飯の種”にするこの業界では珍しい人種です。

専門範囲は
“初心者でもカンタンに作れる方法”と、
“ネットならではの集客知識”です。

無形の知識だけでなく、実際形になった「作成ツール」を提供しています。

必要なのは、”業界ならではのお客さんに対する知識”と、
月5千円ほどの利用料のみ。

それだけで十分成果があがるホームページが自作できます。

といっても、

“お客さんに対する知識”をもし持っていないのであれば、

ホームページ以前に大問題なのですが。

 

◆まとめ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ホームページ自作に必要なのは”お客さんに対する知識”。
ここが抜けては、ホームページなんてうまく行きません。

業者に頼りっきりはよくある間違い。
みんな間違えるんだから恥ずかしくない。正せばいいだけ。


⇒「「もうこれ以上できないよ(T_T)」失敗するホームページ」へ

メルマガバックナンバー09年へ戻る 


ページ先頭へ

 

ラクマスは中小企業・個人事業主に最適なホームページ作成ツールです。ご自分で簡単にホームページの作成、更新が可能となります 15日間無料お試し登録

ご利用開始までの流れはコチラから お問合わせはコチラから

 

 
 
ホームページ作成方法