自社でHPを作成・更新できる! ホームページ作成ツール【ラクマス】 | 安心の「電話&メールでのサポート」、「SEO対策機能」付きです。

 

 
 
 
 
 

RSS自動生成機能標準装備。

近年、利用シェアが上昇し続けているRSS

更新情報を即座にユーザーに届ける技術として、注目を集めている。

インターネットブラウザの覇者、IEの最新版に注目!

インターネットブラウザで圧倒的な利用シェアを誇るインターネットエクスプローラーの最新版、IE7が近日一般にリリース予定。IE7では、標準でRSSリーダー機能が搭載されている。

参考記事「IT pro 米Microsoft,LonghornとIE7でのRSS対応を発表」

RSSは、付加機能から必須アイテムへ

現在、まだ一部のコアユーザーの間でのみ重宝されているRSSだが、IE7の標準機能として提供されることにより、その利用率は一気に上昇すると予想される。IE7の普及と同時に、RSSはホームページの必須アイテムになることは、ほぼ間違いないだろう。

RSS生成サービスは高い!

では、そのRSSを生成するサービスは、どの程度費用がかかるのだろうか。下のYahooの検索結果から、それぞれのホームページを見て欲しい。

Yahoo検索結果

一般的なホームページにRSSを付けるのに必要な機能が付いてもの(既に作成されたHTMLからコードを解析し、自動で生成するもの)だと月額5万円ほどかかるようだ。

本質は、データ構造にあり!

RSS生成サービスは高いと、前項で述べたが、これは今のホームページが抱える問題の一面でしかなく、本質ではない。

一番問題なのは、ホームページ上の内容(コンテンツ)を情報として整理し管理していないことにある。

それぞれのページの内容を、きちんと整理し、データとして保管していればRSSの生成は簡単にまったくコストをかけずに行えるものなのだ。

これからのホームページは、内容(コンテンツ)をきちんと管理(マネージメント)するシステムが必要不可欠なのである。

内容(コンテンツ)を管理(マネージメント)するシステムに触れる

内容(コンテンツ)を管理(マネージメント)するシステム(CMSと呼ばれる)は、現在いくつかのサービスが存在している。無料期間を設けてサービスを試用できる者もあるので、ぜひCMSのすばらしさに触れていただきたい。

 

最大二ヶ月無料お試しのラクマスを見てみる

 


ページ先頭へ

 

ラクマスは中小企業・個人事業主に最適なホームページ作成ツールです。ご自分で簡単にホームページの作成、更新が可能となります 15日間無料お試し登録

ご利用開始までの流れはコチラから お問合わせはコチラから

 

 
 
ホームページ作成方法